スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GH5 ギタコン修理 その1(UPストラム不具合解消)

DSCN0170.jpg

GH5コン。
実は所持してるギタコンの中で一番新しいヤツなんですが
「謎の2度打ち&オルタネイド不可能」な初期不良?に見舞われ
ほとんど使っていなかったのですが・・・・。

先日久々に弾いてみたけどやっぱりダメ。
まともにプレイ出来ませぬ(大苦笑)
というワケでこのまま置いておいても粗大ゴミなだけだし
思い切って修理してみる事にしました。

ツイッターにて修理方法を聞いてみたトコロ、
よくある不具合の様で、ハンダの付け直しをやれば解消できるとの事。

ハ・・・ハンダとか中学高の授業で触って以来使ってないんですけどwwwww
まま、でもこのまま置いておいても仕方ないし、壊す覚悟で挑みましたともええw


用意したモノ
★ハンダごて(20Wの細いヤツ。熱量が弱くて後でちょいと後悔w)
★ハンダ台(www)
★ハンダ(0.6mm)
★ハンダ吸取線
★トルクスドライバー(GH5コンでは、T10とT6の2つ必要でした。)
★コルクシート(消音対策)


さて、まずはネックとプレートをハズします。
DSCN0144.jpg

んでトルクスドライバーを使ってネジをハズしていきます。
ここで注意なのがこの「WARRANTY」シールの下にもネジがありますので
シールをはがしてここのネジも取り外すぞっと。
DSCN0147.jpg

でネジをハズして開けるとこんなカンジになっちょります。
DSCN0149.jpg

ストラム部分の基盤をハズしてひっくり返すと
ウワサ通りメカニカルスイッチになってます。
DSCN0150.jpg


さてここからどうするか。
ドコが悪いのかサパーリ解りませんwwwwwwww
で、いろいろ基盤を凝視してみたトコロ、
どうもストラムスイッチの基盤から配線が出てシイタケボタン付近の基盤に繋がっているのですが
シイタケ基盤に繋がってる部分がしっかり付いてないように見えました。
DSCN0153-1.jpg
(写真では解らないけどこの黒いジョイント部分が浮いていてちゃんと刺さってない状態でハンダ付けされてる)

きっとここだわ!!!(`皿´)
というワケでここが不具合の原因かどうかは定かではありませんでしたが(爆)
半ばヲイラの脳みその中でここに違いないと決め付け、ここの部分のハンダ付けをやり直す事に。


まぁ・・・・・・ハンダごてとか触ってない人間がやると苦労するよねorz
吸取り線を使って除去がなかなかウマクいかない。
ヲイラ不器用なもんで、「細いヤツのがいい!!」と
何も考えずに一番細いハンダごて(20W)を買ったんですが
どーにも熱不足みたいでなかなかハンダが溶けてくれませぬ。
「あ、新しいコテを買いに行こうかしら・・・orz」とか思いつつも
どーにかこーにか粘って除去に成功。でもね・・・・


熱でジョイントの黒い部分(プラスチック)まで溶けちゃったよwwwwwwwwwwwwwww


ぎゃーー!!どうすんだコレ!!!wwwwwwwwwwww

おまけに実はギタコンのボディも一部溶かしちゃって(爆)
どうにもこうにも残念なカンジにw
うはっwwwwwww


しばらく放心状態で考えた挙句、
ジョイントの部分は切り落として、配線を剥いて直接基盤へハンダ付けする事に。
「ふ、ふん。こんなのあるからダメなんだ。配線直結のが感度がいいに決まってる」
と自分を納得させて配線を基盤へ直接ハンダ付け。
DSCN0155-1.jpg
ハンダ付け終了して基盤のウラをみたトコロ。ストラムスイッチ基盤からの配線を直接繋げた。

で作業はここで一端終了して試しに繋げてみたトコロ・・・・
ストラムがうpしか反応しなくなったwwwwwwwww
まさかのベース専用コンにwwwwwww
慌ててまた解体してハンダを付け直したトコロ、ちゃんと反応しました。
コレだからハンダ初心者は・・・・w あぶねーw

というわけで無事にストラムで上下の反応が返ってきて
ちゃんとオルタネイドが出来る様に!!!!
やった~~~~!!!ヤマ勘でハンダやり直してみたけどビンゴだったみたい!!!
修理成功!!!!イエイ!!!


でGH5コンを使った事ある方は解ると思うんですが
GH5コンてストラムが結構ウルサイのよね('A`)
というワケでちょいとついでに消音対策もしてみる事に。
Guitar Hero Wikiを参考にしてやってみました。


まずはストラム。
DSCN0157.jpg
ボディに当たる部分に4つの硬質ゴムが付いてるんですが
こいつを100円均一で買った防音用コルクシールに張替え。
DSCN0159.jpg
こんなカンジ。

後はストラムが当たるスイッチの部分にもコルクシールをペタリ。
DSCN0161.jpg

だたしこれは注意が必要で
コルクの厚み分スイッチが嵩上げされちゃうので
その分基盤の位置をズラして止めないと、ずっとスイッチが入りっぱなし状態になっちゃいますw
DSCN0164-1.jpg
そのまま基盤を付けるとストラムとスイッチの間の隙間がなくなり常に「ON」の状態にwww

なもんで、基盤を止める部分をコルクの厚み分ズラしてやります。
今回はメンドーなのでコルクをそのまま挟みましたw
DSCN0167-1.jpg
こうする事により、隙間のなかったスイッチとストラムの間に隙間ができていいカンジ。


で、結果はというと・・・・ある程度の消音には成功しましたが、
スイッチ自体の音がウルサイので、これはスイッチを換える以外に手はなさそうです。
まぁそこはスイッチがヘタった時にやればいいかな・・・・とか考えつつ
スイッチ基盤の止め具合を調整してたんですが・・・・


2度打ちが治った(爆)


ええ~~~っw
まさかの棚ボタw 消音対策でスイッチとストラムの遊び調整してたら2度打ちが治るとかw
ストラムの遊びの微妙な調整が必要とか
こんなちょっとした事で不具合になるとか・・・・
う~ん、要は設計ミスなんぢゃね?コレw

まぁでも2度打ちになっちゃう人はちょいとやってるみる価値はあると思います。
基盤の間に挟むモノはコルクとか柔らかいモノにしておけば微調整もやりやすいと思います。


というワケで・・・・・
ヲレのGH5コンは生き返ったぞ!!!
バンザーイバンザーイ!!

2011/2/15 追記
2度打ち解消できたと思ったんですが、
どうにもまだたまに勃発しやがります・・・・orz
おそらくスイッチ自体を交換しないと
2度打ちは解消しそうにないので、近々スイッチ交換に挑戦するお(`・ω・´)
スポンサーサイト

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしくん

Author:よしくん
★へたれゲーマー
★おやぢロッカー


DLC所持リスト

twitter:yoshinobu7055
USTRAEM
USTRAEM配信状況
携帯百景(写真切れぅ~w)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。