スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NKYO METAL PEDAL 改造

nyko.jpg
NKYO METAL PEDAL
米アマゾン価格 $22.96(2010年1月14日現在)


配線の途中にある切替スイッチにて
RBコンとGHコン両対応を謳うこのペダル。
GH純正ドラムコンでは問題なく使えるらしいのですが
Logitech Wireless Drum Controllerではうんともすんとも言いません(苦笑)
switch.jpg
(このスイッチが原因なのかセンサーの相性が悪いのか・・・。)

幸い、Logitech Wireless Drum ControllerでGH純正キックペダルは認識するようなので
純正キックペダルからセンサーと配線をMETAL PEDALへ移植して使う事にしました。

以下、長くなったので折りたたみます。


まずは分解。
METAL PEDALのウラに赤くて長細いゴムが4つありますが
このゴムの下にそれぞれネジがあるので4つ共はずします。
metal1.jpg


ネジをはずすと表側のプレートがはずれます。
ホレ、この通り♪
metal2.jpg


プレートの裏側。
おそらく真ん中の丸いヤツがGH用のセンサー、
下の長細い緑色の基盤がRB用のセンサーかな?
それぞれ2本ずつの配線で計4本が繋がっています。
metal3.jpg
*ちなみに余談ですが、
移植する前にGH用のセンサーだけ残して配線だけ挿げ替えてみましたが
反応しませんでした・・・。やっぱセンサーの相性が悪いのかなぁ?


センサーと配線を取っ払って、
センサーの周りにあった突起物もニッパーで削除。
キレイさっぱりw
metal4.jpg


お次はGH純正キックペダル分解。
ウラの部分、滑り止めを剥がすとネジが2箇所出てきますので
ネジをはずします。
gh1.jpg


表の丸いプレートをはずします。
さっきと似てますね~。
gh2.jpg


プレートの裏側。
METAL PEDAL と比べるとセンサーがずいぶんと大きいです。
この辺りで「使える」「使えない」が関係してくるのかしらん????
つ~~か、配線めっちゃほそっっ!!w
gh3.jpg

で、このセンサーをはずして
(めっちゃ頑丈に貼られてて剥がすの難儀すますた)
METAL PEDALのプレートへ移植して完了。
とりあえず両面テープで貼って
輪ゴムで上から押さえつけてますが、感度がいま一つ?なので
もうちょっと貼り方を考えてみようと思います。
last.jpg
後はプレートを元に戻して出来上がり♪

というワケでセンサーと配線の移植作業完了です。
これでLogitech Wireless Drum ControllerでNKYO METAL PEDALを使う事が出来るようになりますた♪

*追記
反応がいまひとつだったので
センサーの取付位置を写真より下の方へ付け直したトコロ、
(前のセンサーがついていた部分が真中になるぐらい)
反応が良くなりますた♪
やっぱ踏み板の接触部分が真中にくるようにした方がいいですね~
スポンサーサイト

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしくん

Author:よしくん
★へたれゲーマー
★おやぢロッカー


DLC所持リスト

twitter:yoshinobu7055
USTRAEM
USTRAEM配信状況
携帯百景(写真切れぅ~w)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。